現在癒しの風俗として各地で営業をしているのが、本格エステを風俗で体験することの出来るオイルマッサージです。
本格的なマッサージだけでは満足出来ない!そんな男性に性的サービスのあるオイルマッサージが人気となっているのです。

 

今ではオイルマッサージの需要が増えてきたことで、気軽に利用をすることの出来る派遣型のオイルマッサージも増えてきました。
射精後、すぐに終わりではなく、時間いっぱいまで丁寧にマッサージをしてくれるのが大きな魅力の一つとなります。

 

男性にとって屈辱的な四つん這いの姿勢で睾丸やお尻の穴を刺激することもあり、一瞬のうちに昇天を迎えてしまうことになるでしょう。
この刺激を一度でも味わうことによって、貴方もきっとリピーターになってしまうこと間違いありません。



クセになってしまう快楽があるオイルマッサージブログ:19年01月02日

前、
ミーはリビングでボケーっとしていました。
平穏だけど、退屈なわけでもない…
そんな瞬間を味わっていたというか…

すると…
ふっと古い記憶が
よみがえってくるような感覚を感じました。

ミーの心の中に見えたもの…
それは、親父の腕に抱かれている、
まだ寝返りもできないぐらいの赤ちゃんの自分でした。

満たされて、何の不満もないミー。
穏やかな優しい目でみつめてくれる親父。

あれ〜、これって何だろう〜?
本当に私の記憶なのかなあ〜?って、思いましたが、
人はすべての記憶を脳に刻んでいるっていわれてますよね。

ただ、思い出せなくなる記憶がたくさんあるのだと…
ということは、
これって本当の記憶なのかもしれません。

赤ちゃんの自分を思い出したのと同時に、
あぁ、ミーは親父のことが
大好きだったんだなぁ…と改めて思いました。

そして、親父ももちろん、
ミーのことがかわいくてしかたなかったんだなぁ〜
と思えました。

とても、温かい感覚でした。

誰でも赤ちゃんの頃、誰かに抱っこされて、
ただただ愛おしい…という目で
見つめられたことがあったはずですよね。

それが親父やお母さんではなくても、
そこにいるのは「愛されている赤ちゃん」だと思います。

ミーたちはみんな、
もともと愛されているんですよね。

でも
「自分は愛されていない」
という誤解をしてしまうことがあります。

誤解は誤解を生んでしまい、
誤解の海の中で身動きが取れなくなる。
ミー自身がそんな感じでした。

誤解は人生をややこしく、
難しくするのだということを、
ミーは経験から学びました